オンラインカジノは違法?合法?

どっちが言っていることが正しい?

オンラインカジノにまつわる話題として最も多いのが、その存在における違法性についてです。 つまりはオンラインカジノを利用することは犯罪なのかそうでないのかということですが、現在において検索サイトなどを用いてみると、違法とされる記述が多く見られるかと思います。 しかし一方では違法ではないとの声もあり、一体どちらが本当なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。 なぜこのようにオンラインカジノの見方がそれぞれに違ってくるのかも疑問となる部分ですが、それには日本の法律が大きな原因となっています。

違法である理由とそうでないとする理由

皆さんご存知のように、日本では特定のギャンブル以外は法律によって規制が行われています。 それは刑法による賭博罪のことであり、例えば競馬や競艇といった公営競技や宝くじに関しては専用の法律が存在することから日本でも行われていますが、それ以外のギャンブルについては基本的に認められていません。 ですので、もし国内にてカジノ場を運営した場合は摘発の対象となってしまうでしょう。 これを踏まえればオンラインカジノも上記のそれ以外のギャンブルに該当することから、つまりは違法であると考えるのが自然と言えるかもしれません。 しかし違法ではない、とされる根拠に賭博罪がどのような形で成立するかが指摘されており、賭博開帳者に加えてその賭博の利用者が必要となるという前提があります。 ではオンラインカジノはどうなるのかというと、賭博開帳者である運営団体は海外に所在しており、利用者は端末を用いてインターネットを経由し海外へと接続していることになります。 つまり賭博罪が成立する要件である両者の存在のうち、賭博開帳者を確認ないし日本の法律を適用できないことが、オンラインカジノが違法ではないとされる理由であるわけです。

この先はどうなるのか

このことを裏付けるように、2016年に逮捕されたオンラインカジノ利用者の裁判において不起訴となった事例がありました。 言うなれば、法律の対象外であるために有罪と断じることができなかったと取ることもできるでしょう。 しかしだからといってオンラインカジノは合法であるわけではなく、あくまで法律の不備による例外的な存在ですので、違法でも合法でもないギャンブルと考えるのが自然です。 ですので、もしオンラインカジノの利用を考えているとしても、グレーゾーンであることを認識し、そのリスクについて納得した上で個人利用に留めるのが懸命です。 近年ではカジノの建設といった話もあることから、今後には賭博罪に関する法改正が期待でき、その時期が来たのならばオンラインカジノにも影響がでることがあるかもしれません。